回収に掛かる費用と弁護士報酬

当然、二社間で問題を解決するよりも、弁護士に依頼することで関係性が悪化するということはあり得ます。しかし、弁護士に依頼することは確かなメリットがあります。その点について取り上げる前に、そもそも弁護士に依頼することによってどのように売掛金や債務が回収できるのか、という点について取り上げてみましょう。それは本来であれば全く回収の可能性がない、というものでない限り、その回収について動くことができます。まずは、それを相手に通知することです。

この場合、単に個人や会社として通知を行うのではなく(それまでに幾度も通知を行っている場合であっても)弁護士という立場からそれを行うことによって、相手にその問題の重要性を再起させることができます。簡単に言ええば、『すぐに対応して欲しい』という旨を、弁護士から通達することによって、より強い意味であるということを通知することができるのです。

この通達を送る場合、またはそれでも対応が行われず、訴訟以上に発展した場合、支払われる弁護士費用は追加になります。しかしこのコストは必要なコストであり、それは当然支払われるべき費用であると言えます。もし費用に関して不安があれば、依頼する前に見積もりを出してもらうと良いでしょう。