売掛金回収不能という問題

口約束をすること、それと書面上の約束をすること、本来であればどちらの方が信用度が高いか、と比較すると、当然ですが後者の『書面上での約束』の方が、その約束が達成される可能性は高くなります。口約束の場合、その約束が果たされない時に関して、その契約を保障させる、ということができません。本来であれば前者はよっぽど信用のおける相手にのみ適用されますが、層でない場合もあります。ただし、企業が企業を相手にしている取引の場合、その取引には必ず口約束ではなく、書面上の契約があります。それには二社感の同意があることがしめされていますので、たとえ契約違反が遭った場合でもその責任が果たされないということは難しいでしょう。

二社感における契約上の違反については、ある一つの点が当てはまります。それが、『売掛金』の回収ができない、という点です。売掛金と言うのは、特定の取引先に対して、商品やサービスを提供することになりますが、その代金がすぐに支払われない場合、それを『売掛金』として扱います。逆にそれら商品やサービスを購入した方の帳簿は『買掛金』となります。

この売掛金は本来後ほど正式に回収できるものですので、プラスとして換算することができますが、稀にその売掛金回収ができない場合があります。これは珍しい場合ですが、あり得ないことではありません。相手がその支払いに応じない場合、法的手段を行うことがあります。その際に、弁護士に依頼することが有益だと言えます。